holycrablouisianaseafood.com

葬儀を執り行う際のポイント

葬儀におけるお通夜の役割と意味

葬儀を執り行う際のポイント 葬儀は、お通夜と告別式、火葬を含めた一連の流れをさすことが多いようです。葬儀社に葬儀を依頼する場合でも、そうでない場合でも、多くの人がこの流れで葬儀を行っているはずです。最近では、お通夜と告別式を省略した葬儀の形態を選択する人が多くなっています。しかし、近年需要を増している簡略化された葬儀においても、お通夜だけは行いたいと希望する家族も多くいるようです。お通夜は、故人を葬るその前に、家族や友人などが遺体の近くに一晩中ついていることをいいます。地域によっては、夜伽という場合もあるそうです。また、お通夜は臨終における看病の延長にある儀式だともいわれています。この場合、故人はまだ亡くなってはおらず、故人の家族や友人たちは生き返ってほしいという気持ちで、普段普通に生活しているときと同じように食事を出し、夜を共に過ごします。

現在では、多くの場合故人が亡くなったその日の夜は身内だけでお通夜を行うようです。葬儀社が提供する葬儀のプランの多くは、お通夜が午後6時からに設定されているところが多いようです。読経と焼香の後、東日本や関東などでは参列者へ通夜振舞いが提供されることがあります。西日本を中心とする関西においては、この通夜振舞いは慣習でないため通常はないようです。