holycrablouisianaseafood.com

葬儀を執り行う際のポイント

葬儀の形が変わって来ています

葬儀を執り行う際のポイント 葬儀の形態も、時代と共に変化しているようです。それは個人葬と言われたものから、家族葬と言った形の簡素化された葬儀形態が多くなっていることです。個人葬と言われるものは、親戚等には電話などで連絡をし、知人とか生前にお世話になった方々には、新聞のお悔やみ欄を利用することで、知らせることになります。

そのため数多くの人の参列が考えられ、会場などの選定が大変なことにもなってしまいます。そのため会場の世話役として、大勢の人がいることになり、葬儀費用にも大きな影響が出る時があります。更には、遠い地域にいる親戚等の到着を待つこともあり、葬儀日程が遅くなる場合も考えられます。

それに対し最近行なわれるようになった家族葬は、身近の身内だけで行なう葬儀です。そのため少人数で行なうことが出来ることもあり、会場等で苦労するようなこともないと言われます。この家族葬には、大きな定義はありません。どこまでの人を呼ぶのかと言うことも、喪主・施主の考え方で決まると言って良いでしょう。そこには、周辺の人たちに余計な迷惑をかけたくないと言う気持ちもあると言って良いでしょう。そんなことから故人を心から偲ぶ人が集まることに、大きな目的がある葬儀とも言えるのではないでしょうか。

注目のキーワード