holycrablouisianaseafood.com

葬儀を執り行う際のポイント

家族葬は現代社会を反映した新しい形の葬儀

葬儀を執り行う際のポイント 最近の葬儀は以前とはずいぶん異なっています。社会の変化や核家族化などによって、家族葬という形が注されるようになりました。家族葬は、家族やごく親しい関係の人以外の一般の人には公表することなく、近親者だけで執り行う葬儀のことです。密葬という名称もありますが、イメージとしてあまり明るくはないという理由もあって最近では家族葬という新しい呼び名ができました。一般的な密葬は、葬儀が年末年始にかかってしまう、出身地で後日葬儀を行う、社葬などの本葬を後日行う予定があるなどの場合を言います。それらの場合は現在でもその名称で行われていますが、家族葬は、近親者だけで心のこもった葬儀をしたいという目的で行われることがほとんどのようです。

家族葬というと、文字通り家族だけで行う葬儀と考える人も多くいますが、家族だけではなく、親戚やごく親しい友人などが参列することが一般的です。平均すると30人くらいの規模の葬儀が大半のようです。家族葬のいちばん良い点は、形式にとらわれがちな従来の葬儀とは違って、故人のことをよく知っている人ばかりの中で、ゆっくりとお別れの時間をもつことができるということです。まだまだ浸透しているとは言い切れない葬儀の形式ということもあり、周囲の理解を得ることも難しかったり、故人を大切に扱わないという印象を持たれたりもするようですが、決してそうではなく、現代社会を反映した、新しい、心のこもった葬儀の形だと言えるでしょう。

注目のキーワード